えぬぐちのいろいろ好きブログ

思いついたことを思いのままに綴っていきます(^^ゞ



ゲリー・ボーネル氏 帰国? 南海トラフ巨大地震? そりゃ来ますよ、いつかは

私えぬぐちはアラフォーのおっさんのくせに、情報に踊らされる毎日を過ごしています。

 

東日本大震災や9.11テロの発生を言い当てたというゲリー・ボーネル氏の予言(?)を解釈したネット上の書き込みをさらに解釈し、4月12日か13日、15日から22日の間に南海トラフ巨大地震は発生する、という噂に戦々恐々としていました。

 

さらに、コレはとても身近で他人ごとでない、蔵王山の噴火の可能性が高まっているという非常事態。とくに地震よりも喫緊の脅威となるであろう噴火に備えて、えぬぐちはせくせくと必要になりそうな物、、、食料や照明器具などを買いあさっておりました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

とくに先週一週間は仕事帰りに毎晩、スーパーやホームセンター、家電量販店をうろついていたんですが、無事に12日が過ぎ、13日が過ぎ、22日はまだですが、、、なんだか春の陽気に誘われて危機感が薄らいでしまったのも事実、土日は親子でお花見やお食事、買い物(非常用でないもの)に出掛けておりました。

 

なんでもボーネル氏が20日にアカシックリーディングの個人セッションを行うために、まだ日本に滞在しているらしいという情報をネット上で見つけたことから、氏が日本にいるうちは安全だな、と思っていたということもあります。でも、この個人セッションが終わったら帰るとか帰らないとか、、、。

 

それでも蔵王山には近づくまいと、東と南に向かうことは極力避けて行動していたわけですが、出先で会う人会う人みんなが、地震や噴火なんて気にしていないように思えてなりませんでした。

 

ああ、そういえば、先週の仕事帰りにおっさん一人、スーパーでペットボトルの水やカップラーメン、缶詰やらを箱ごとカートに積んでいる姿を見て、周りの人はきっと、備えのためではなく、料理のできない男の一人暮らしくらいにしか見えなかったんだろうな、、、。

 

自分は頑張って備えに務めている、という優越感が少しばかりあったことも相まって、今思うと恥ずかしい、、、。

 

しかも、カミさんからすれば、家庭の主婦は少しでも安くていいものを、と吟味して、時には我慢して家計をやりくりしているのに、旦那がろくに値段も見ずに気にせずに食べるかどうかわからないような物をバンバン買い込んで来るんですから、面白いわけがありません。ゴメン、、、。

 

結果的に無駄になってしまう可能性が出てきた買い物も、それは考え方によっては良かったとも言えるわけです。それらを有効活用できるような非常事態が起こらなかったんですから。カップラーメンや缶詰は、もちろん地道に食べます。今後、食べては補充していくつもりですが、あまり普段食べないものなので、余計な食費として家計の一旦を担っていくものとなりそうです。

 

でも、でもですよ。

 

南海トラフ巨大地震とそれに続く首都直下型地震については、東日本大震災の発生を受けて、預言者といったスピリチュアルな方々ではなく、地位も名誉もある世間で認められている学者さん達が「10年から30年以内に必ず起こる」と言っているんですから、起こるんですよ、やっぱり。

 

ちょっとおかしな例えをしますが、、、30年といえばおよそ1万と千日。あれから4年経っているので、ざっくり1万日としましょう。

 

毎朝、1万枚のカードの山の中から一枚を引いて、当たりが出たら地震が来るとします(あくまで例えですよ)。1万分の1といえば途方も無い確率で、絶対に当たり(というかハズレ)を引くことはないように思えますよね。毎日1万枚のカードの中から選ぶ場合の話です。

 

そうではなく、毎日引いたカードを山の中に戻さずに、捨てていけば、毎日カードは減って行きますよね。10年経ったら残りは約7,000枚。20年経ったら3,500枚。25年経ったら2,000枚以下、、、。最後の1年には365枚、一ヶ月ならあと30枚。

 

確率からいえば、残り7,000枚あるからといって、まだまだ余裕などとタカをくくることはできないはずです。 毎日引けば、いつかは当たるんです。今日かも知れないし、30年後かも知れない。

 

数学の知識のある方からは反論されそうな考えであると自分でも認めますが、大震災がいつ起こるか、という可能性はそういうものであると理解しても間違いとは言えないと思います。もう、カードを1万枚配られてしまっているんです。預言者ではなく、学者が起こると言っているんですから、否定することは叶わないものでしょう。

 

というわけで、長くなりましたが、最終的に何が言いたいかというと、ズバリ「備えをしましょう」ということです。わかりにくくてすいません。

 

有事に備えて必要な物は、本当にたくさんありますが、今日、えぬぐちが買ったものは、夜間に地震、そして停電が発生した際に必ず必要になる照明器具です。

【Joshinは平成20/22/24年度製品安全対策優良企業 連続受賞・Pマーク取得企業】FFL81J【税込】 ...(楽天市場)

 

300ルーメンと言ってもよくわからなかったのですが、単三電池を使用しているのに、ちょっとビックリするくらいの明るさでした。オススメです。

 

先日、コレの小型版を購入したばかりでした。小さい方はトイレ用ですね。

【Joshinは平成20/22/24年度製品安全対策優良企業 連続受賞・Pマーク取得企業】FPU41J【税込】 ...(楽天市場)

 

どちらのランタンもそうなのですが、近所の家電量販店の方がネットよりも1,000円近く高かったです、、、失敗。今欲しい、すぐ必要でなければ今どきはネットで購入するのが懸命なのかも知れません。

 

えぬぐちはこれからアウトドアにも挑戦したいと思っているので、テント泊でも使用する予定です。備えの基本は、然るべき事態が起こらなくとも使うもの、食べるものを買うことですよね。あまり説得力ありませんが(笑)

 

 (関連記事)

nguchi.hatenablog.com

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

 

 



スポンサーリンク