えぬぐちのいろいろ好きブログ

思いついたことを思いのままに綴っていきます(^^ゞ



サントリー缶コーヒー・プレボスCMソング『Change the world』(Eric Clapton)はこのバージョンが最高2

私えぬぐちはアラフォーのおっさんにありがちですが、若い頃はクラプトンに憧れてアコギをジャカジャカしていました♪

 

サントリー缶コーヒー「プレミアムボスブラック」(略してプレボス)の新CMで使われているエリック・クラプトン(Eric Clapton)の『チェンジ・ザ・ワールド(Change The World)』。是非とも聴いていただきたい名演奏、その2です。

 

 チェンジ・ザ・ワールドは発売された1996年に年間最優秀レコード賞と年間最優秀楽曲賞を受賞。1997年にグラミー章受賞式にプロデューサーであったベイビーフェイスと共に出演した際のライブです。

 

スポンサーリンク

 

 

これはCD化されていない(と思う)ので、YouTubeに投稿されていた動画を紹介します。えぬぐちもこの動画で初めてこのライブ演奏を聴いたのでした。

www.youtube.com

 

聴いてみると、アレ?、、、と思われる方が多いと思います。

 

1コーラス目のクラプトンのボーカルが、調子ハズレ? 抑揚なく、淡々と歌っているんです。こんな曲だっけ? と首を傾げるかも知れませんが、2コーラス目に入って、やっと元の曲っぽく歌い出します。変わらず、ローテンションのままですけど。

 

でも、何度か聴いているうちに、これはこれで味のある歌い方に思えてきて、今ではとっても大好きな演奏なんです。

 

とくに、アコギでクラプトンを弾き語るえぬぐちのようなおっさんにとっては、垂涎ものの名演であると言えます。

 

というのも、えぬぐちはアコギを演るとはいえ、とくにバンドなどを組んでいるわけではないので、基本、一人で弾き語っています。そうなると、いかにギター一本で格好よく演奏できるか、いろいろとアレンジを試行錯誤しているわけですよ。

 

このグラミーライブでは、クラプトンとベイビーフェイスの二人だけ、ギター2本だけの演奏で、ほぼ弾き語りと言ってもいい極めてシンプルなバッキングです。最後のサビの前のソロなどはもちろんどちらかがコードを鳴らしていないとギターソロは弾けませんが、えぬぐちはその部分はブルースハープでカバーしていました。

 

いや、すごい参考になりました。今では、ほぼこの演奏のような感じでえぬぐちは弾き語っています。クラプトンのようにシブい声では歌えませんが、ベイビーフェイスが自身のアンプラグドで歌ったような高めの声で、若干ファンキーに(笑)それっぽく歌っています。

 

この動画は音質がいいとは言えませんが、ピックで弾かれた弦の生音が強く、耳障りに感じる方もいるかと思います。でも、この鳴り方こそギターの醍醐味ですよ。

 

ところで、かれこれ20年前、クラプトンにハマり始めた頃のえぬぐちですが、大学の夏休みにあくせくバイトに励み、、、今では考えられないのですが、、、MartinのOOO-28のECシグネイチャーモデルを買ったりしました、、、売っちゃいましたけど。

 

 

いや、ホント、今は、買える訳ないですよ、、、。

 

 エリック・クラプトンCDのトップセールス(楽天)

1
アンプラグド〜アコースティック・クラプトン DELUXE (2CD+DVD) [ エリック・クラプトン ]
レビュー(3)
価格:3,450円
2
ベスト・オブ・エリック・クラプトン〜フォーエヴァー・マン (ジャパン・デラックス・エディション) [ エリック・クラプトン ]
レビュー(0)
価格:4,212円
3
ウルトラ・ベスト 1200::BEST OF [ エリック・クラプトン ]
レビュー(2)
価格:1,296円
 
4
ライフタイム・ベスト [ エリック・クラプトン ]
レビュー(10)
価格:3,579円

 

 エリック・クラプトンCDのトップセールス(Amazon)

1
ベスト・オブ・エリック・クラプトン~フォーエヴァー・マン<ジャパン・デラックス・エディション>(マーティン社公認クラプトン・モデル・ギター・オブジェ付初回完全生産限定盤)
 
¥ 8,698
2
ライブ・イン・1967
 
¥ 2,592
3
クラプトン
 
¥ 1,900
 
4
エリック・クラプトン
 
¥ 1,468

 

 

nguchi.hatenablog.com

 

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

 

 



スポンサーリンク