えぬぐちのいろいろ好きブログ

思いついたことを思いのままに綴っていきます(^^ゞ



ネパールで巨大地震発生。南海トラフ地震にもつながる? そうならないよう祈ります。

昨日4月25日の正午前(現地時間)、ネパール中部でM7.9の大地震が発生しました。

 

先ほど、日付が変わって26日になる寸前のニュースでは、首都カトマンズなどで多数のビルや家屋が倒壊し、確認された死者は1000人に到達する見込みであるとのことでした。ネパールには多数の在留邦人がおり、現地の日本大使館の安否確認が遅れている模様。

 

また、エベレストではこの地震によって雪崩が発生し、外国人18人が死亡したとのことです。 地震発生当時にエベレスト登頂にチャレンジ中のタレント・なすびさん、登山家・野口健さん、竹内洋岳さんは無事が確認されています。

 

 

ゲリー・ボーネル氏の予言、茨城沖のイルカの座礁、蔵王山の噴火警報、、、と、2週間以上に渡り戦々恐々としていたのに、テレビやネットのニュースでネパールの被害状況を見ても、全く実感が湧きません。

 

 

スポンサーリンク

 

 

これは私だけなのかも知れませんが(むしろそう願いたいものです)、報じられる写真で倒壊した建物や被災した人々の痛ましい姿を目の当たりにしても、「ひどい、かわいそう」と思うのと同時に、「大変だね」と他人ごととしてしか捉えられない冷静な自分を感じています。

 

これも、テレビやネットの情報の受け売りでしかないのですが、、、今回の地震の震源地であるネパール北西部は、丁度ユーラシアプレートとインドプレートの境界部分で、この両プレートがぶつかり合うことにより地震が発生したらしいのですが、一方のユーラシアプレートの東端が日本の中心をまさしく東西に分断しているのです。

 

不安を煽る気はありませんが、私自身は少し怖いと思っています。

 

日本で巨大地震(南海トラフ巨大地震? 首都直下型地震?)が4月中に発生するというゲリー・ボーネル氏の予言は、実は私の中ではひとまず落ち着いたところなのですが、氏のフェイスブックを見て、氏はすでに日本を離れていることを知りました。4月23日の記事に「日本から戻った翌朝、医師からインフルエンザと副鼻腔感染症と診断された」「やっと病気から回復した」と書かれていたからです。インフルエンザから回復するのに3~4日は要するでしょうから、18日か19日には日本を離れていたんでしょうね。とりあえず、22日までに日本国内の地震発生の危険性を唱えていた氏の予言は、言葉を選ばないで言えば外れたことになります。まだ4月は数日ありますが、、、。

 

しかし、その代わりに耳に入ってきた、昨日のネパール大地震のニュース、、、。ボーネル氏だけでなく、いわゆるスピリチュアル系の方の中で、この地震を予言していた方はいないように思います。

 

地球の有史以来、人類の歴史に記録が刻まれるずっと以前から、無数の巨大地震が発生しているのですから、地震は、あって当然と考えるのが妥当なのでしょう。こうして地震に不安を抱く我々は、偶然にも地震に対して畏れを抱くことができる程に知識と文明が発達した現代に産まれてしまっただけなんですから。

 

こんな風に考えている僕にできることは、4年前の東日本大震災の犠牲者の方に対しても、今回のネパール地震の被災者の方に対しても、非科学的と言われようとも、手を合わせて、冥福を祈ることくらいしかありません。

 

今年の3月、被災から4年ということでたくさんのテレビ番組で特集が報じられました。それを視て、心の中の何かが動かされたということもありますが、私はサックス吹きでして、いつか鎮魂のための演奏をしてみたいと思っていたので、こんな動画を作成していました。

 

www.youtube.com

 

お経もサックス(ここではザフーンというポケットサックス)も、仕事帰りに高速道路の脇の誰もいない、街灯一つ無い空き地に車を停めて、エンジンを切った真っ暗な空間で録音しました、、、今思うと、よく怖くなかったなぁ。

 

『般若心経』は2~3年前でしょうか、これを暗記して記憶力を高める云々の内容の雑誌を購入し、付属のCDを聴いて覚えたものです。実際、うろ覚えでしたが、後で確認したところ、間違えることなく唱え切ることができていました。ところで、、、法要や葬儀でお寺のお坊さんの読経を聴いて、いつも思うことがあります。聴いていても全く意味がわからず、耳障りではないものの、眠気を催してしまうようなお経を、果たして自分がこの世を去って唱えてもらう側の立場になった途端に、意味を理解し、心地いいものに感じるものなのだろうか、と。これについては、語ると長いので、機会があればお話したいと思います。

 

ポケットサックスで演奏しているのは、ジャズの名曲『Left Alone』です。普通のアルトサックスでよく演奏している曲なのですが、ポケットサックスはアルトサックスと吹奏感が異なり、買って間もないので、音程のコントロールが全くできていないながらも、心を込めて吹きました。実は3テイク録ったつもりだったのですが、レコーダーの操作を誤り(?)、テイク1しか録れていませんでした。また暗い中で録音するのは、ちょっと憚られるので、まあ及第点と言えなくもないので、このテイク1を使用しています。冒頭と最後のお鈴の音はダウンロードしたフリー音源を使用しました。

 

合唱している手は、私自身のものです、一応。

 

なぜこんなものを作りたかったのか、、、。

 

犠牲者の冥福を願い、祈り続けている限り、自分たちはずっと弔う側でいられる気がしているからです。

 

 

1
Xaphoon ザフーン ABS樹脂性サックス POCKET SAX Black 【国内正規品】
 
¥ 9,279
2
Xaphoon ザフーン ポケットサックス POCKET SAX Black 並行輸入品 ブラック
 
¥ 7,800
3
Xaphoon ザフーン ポケットサックス POCKET SAX Black ブラック
 
¥ 8,200
 
4
Xaphoon POCKET SAX ザフーンポケットサックス ケースセット【国内正規品】 (Cobalt Blue)
 
¥ 11,000
 
5
ポケットサックス POCKET SAX 運指表付き
 
¥ 5,390

 

Amazonウェブサービス

 

 



スポンサーリンク